両立支援宣言

クリーンテックス・ジャパン株式会社は、2008年6月に財団法人21世紀職業財団 兵庫事務所長より
職場風土改革促進事業実施事業主に指定されました。
弊社では、「一人一人が社会における自らの存在価値を自覚出来、誇り得る企業を目指す」と言う経営理念のもと、男女問わず働きやすい職場作りに取り組んでおります。
今後益々少子化、高齢化、労働人口の減少などが進むと予想されています。
弊社の従業員が、家庭や地域社会でしっかりと役割を果たし、男女協働の精神で互いに助け合い、
安心して子どもを育てながら働ける企業を目指します。

当社の両立支援の歩み

1992年 育児休業規程制定
1992年 ISO9002(1999年ISO9001に規格変更)認証取得による教育・訓練制度導入
1999年 介護休業規程制定
セクハラゼロ環境創造委員会発足、相談窓口設置
2002年 育児休業取得可能期間を3歳まで延長
2005年 男女共同参画社会づくり協定締結
2006年 役割等級制度、業績評価&コンピテンシー評価制度導入
幹部社員養成講座開始
初の育児休業取得者を輩出
一般事業主行動計画提出
2007年 女性活躍推進委員会に改名(旧セクハラゼロ環境創造委員会)
「女性の意識改革」出前講座実施
2008年 育児休業取得者が職場復帰
職業家庭両立推進者の選任
半休取得可能数を年6回から12回に増加
職場風土改革促進事業実施事業主に指定
こうべ男女いきいき事業所として表彰
マタニティ用制服を導入
2例目の育児休業取得者を輩出
2009年 3例目の育児休業取得者を輩出
4例目の育児休業取得者を輩出
2010年 1名の育児休業取得者が職場復帰
ポジティブアクション推進企業優良賞受賞
兵庫労働局の2010年度「均等・両立推進企業」に選ばれました。
2011年 2名の育児休業取得者が職場復帰
5例目の育児休業取得者を輩出
2012年 6例目の育児休業取得者を輩出
2013年 7例目の育児休業取得者を輩出
2014年 1名の育児休業取得者が職場復帰

今後、弊社で取り組む予定の両立支援推進策

・ 「KT-NEWS」やインターネットによる両立支援の社外への広報
・ 「みんなのかわらばん」(社内報)等による両立支援の社内への広報・周知
・ 管理職層への両立支援推進研修実施
・ 従業員への両立支援研修実施
・ 1年に発生する年休の50%以上取得推進
・ ノー残業デー全部門で実施
・ 勤務時間選択の柔軟化推進
・ 男性の育児休業取得推進
・ 地域貢献拡大 等

経営者層、管理職層が率先して従業員が働きやすい職場の環境改善に取り組み、
制度の一層の整備と自由に取得しやすい環境作りに継続的に取り組みます。

両立支援のひろば http://www.ryouritsu.jp/
登録詳細

活動紹介

09.11.27更新

弊社にて取り組んでおります両立支援活動について総務省のホームページにてご紹介いただいています。
全国の企業・学校・病院・NPO等合計70事例の一つとして弊社の「少子化社会対策に関する先進的取り組み」が取り上げられました。
PDFを見る